本文へ移動
:::
設立目的

中部サイエンスパーク(CTSP)は2003年に設立されました。陸海空の輸送ネットワークも整った交通至便の、台湾の南北を繋ぐ要衝に位置しています。テクノロジー産業の新しい拠点として、新竹サイエンスパーク、南部サイエンスパークに次いで建設されました。台中パーク、虎尾パーク、后里パーク、二林パーク及び中興パークがあり、総面積は約1,485ヘクタールになります。2020年1月末現在、中部サイエンスパークへの入居許可を得たメーカーは206社、育成センターは9つ、研究機関は5つあり、計画されている投資額は約2兆1528億台湾元、すでに事業を開始しているメーカーは143社、從業員数は51,501人に達しました。

Update : 2020/3/6
BACKTOP